ビューティーオープナー 副作用

ビューティーオープナー 副作用/知ってほしい3つのこと

副作用3つのこと

公式サイトへ

 

  • ビューティーオープナーって私の肌に合うか不安
  • 何か刺激性が強いって噂聞いたんだけど、、、
  • 卵殻膜って卵アレルギー関係あるの?
  • 逆に肌荒れになることってないよね?
  • 悪評ばかりなんだけで本当に大丈夫?

 

化粧品は肌に直接つけるものなので、こういった肌トラブルやアレルギーの心配って誰でもあると思います。

 

上記に紹介している5つの不安は、全てネット上にあった口コミから情報を得ています。

 

私も現在使用している卵殻膜ビューティーオープナーですが、敏感肌の私でもそこまで気にする必要ないかな~という程度です。

 

今まで何もトラブルはありませんでした。

 

でも、全ての人が肌に合うわけではありません。

またそれで変な噂が流れても、使用者の私としても嫌な気持ちになってしまいます。

なので、以下の3つのことを知っていてほしいです。

  1. 効果が無いというのは嘘
  2. 卵アレルギーでも大丈夫
  3. 不安だったらパッチテストで安心

 

まず、ビューティーオープナーの効果がないというのは嘘です。

事実私は効果があって使い続けているわけですからね。

 

それと、卵アレルギーの人でも大丈夫です。

 

問題なく使用できます。

 

最後に不安だったら、使用する前に「パッチテスト」をやってみましょう。

 

これで問題がなければ安心して使用できますよね。

 

当記事では、ビューティーオープナーの副作用について詳しく紹介しています。

 

購入したあとに「失敗した~」なんてことにならないよう、当記事でしっかりとビューティーオープナーの成分について事前確認しましょう。

 

この記事でわかること

  1. 悪評の噂と副作用について
  2. ビューティーオープナーの成分
  3. パッチテストのやり方

\敏感肌でもOK/

詳しくはコチラ

 

 

ビューティーオープナー 副作用/敏感肌はかゆくなるって本当?

ビューティーオープナーを使用すると、非常にまれですが肌に刺激を感じる人がいます。

  • ピリピリとした刺激
  • かゆみ

こうした症状があらわれた場合は、使用を中断して医師へ相談しましょう。

 

ビューティーオープナーのかゆみの原因とは?

ビューティーオープナーの成分は様々で、人との相性も様々なので、一概にこれが原因とも断定はできません。

 

ただし、原因として可能性が一番高い物として「ペンチレングリコール」が考えられます。

ごくまれですが、アレルギー症状が出る人がいるみたいです。

 

ペンチレングリコールとは

多価アルコールの一種で、水分を包み込む働きがある保湿剤です。化学合成成分ですので、安全性を心配される方もいらっしゃいますが、古くから多くの化粧品に配合されており、安全性が証明されています。

引用:天使の美肌工房

「ペンチレングリコール」の特長

  • グリセリン等の保湿剤と比較して、使用感がさらっとしています。
  • 併せ持った効果として、抗菌力を有しています。
  • 表皮の雑菌を抑える効果も期待されます。

引用:天使の美肌工房

 

メモ

ペンチレングリコールの現時点での安全性は、

  • 外原規2006規格の基準を満たした成分が収載される医薬部外品原料規格2006に収載
  • 10年以上の使用実績
  • 皮膚刺激性:ほとんどなし
  • 眼刺激性:ほとんどなし-わずか
  • 皮膚感作性(アレルギー性):ほとんどなし

これらの結果から、化粧品配合量および通常使用下において、一般的に安全性に問題のない成分であると考えられます。

ただし、ごくまれに皮膚感作(アレルギー)の報告があります。

引用:化粧品成分オンライン

 

ペンチレングリコールについて調査してきました。

 

結果的には、特に問題なく安全な成分だということが確認できましたね。

 

ビューティーオープナーで肌刺激が出る人はいますが、非常にまれなパターンなので、あまり気にしすぎるのもよくないかと考えます。

 

ビューティーオープナー 副作用/全成分の真実を解析してみた

 

なにはともあれ、ビューティーオープナーに含まれている全成分を見てみない事には、副作用や安全性が確実に大丈夫だとも言い切れません。

 

安全な成分だと思っていたけど、実はこの成分がアレルギーだったなんてことも、、、

 

今一度、自分が気にしている成分が含まれていないか確認してみましょう。

 

全成分

水・BG・ペンチレングリコール・加水分解卵殻膜・ヒアルロン酸Na・スクワラン(オリーブ由来)・カンゾウ根エキス・バラエキス・ローズマリー油・レモングラス油・ニオイテンジクアオイ油・デキストリン・オレイン酸ポリグリセリル-10・クエン酸Na・クエン酸

 

意外と少ないというのが私の感想です。

 

これだけ効果のある商品だから、何十種類もの成分が含まれているんだろうなと思っていたのですが。

 

種類が少ない分、肌トラブルのリスクも少なくなるので多少なり安心できますね。

 

それでは、それぞれの成分について詳しく見ていきましょう。

ビューティーオープナーの全成分と肌刺激性

ビューティーオープナーに含まれる全成分をまとめてみました。

計15種類の成分で構成されています。

【全成分】 刺激性
なし
BG なし
ペンチレングリコール まれにアレルギー
加水分解卵殻膜 なし
ヒアルロン酸Na なし
スクワラン(オリーブ由来) なし
カンゾウ根エキス なし
バラエキス なし
ローズマリー油 なし
レモングラス油 まれに刺激性
ニオイテンジクアオイ油 まれに刺激性
デキストリン なし
オレイン酸ポリグリセリル-10 まれに刺激性
クエン酸Na なし
クエン酸 まれにアレルギー

この成分を調査したところ、若干の刺激性が確認されるものとアレルギー事例があるものがわかりました。

 

それぞれの成分について更に詳しく見ていきます。

 

BGの副作用は大丈夫?

化粧品の成分にはほとんど入っているBG。ブチレングリコールと呼びます。

 

これがどういう成分なのか知っている人はそう多くないと思います。

 

BGとは簡単に言うと、「保湿剤」のことです。

 

赤ちゃんの保湿剤にも使用されている成分です。

 

なので、限りなく安全性の高い成分だということがわかります。

 

その他にも防腐剤としての効果があります。

 

殺菌効果は低いですが、防腐効果があるということから必然的に雑菌が繁殖しにくい状態にすることができるみたいです。

BGとは

  1. 保湿剤の効果がある
  2. 防腐剤としての効果がある

BGの安全性

BGの現時点での安全性は、

  • 薬添規2018規格の基準を満たした成分が収載される医薬品添加物規格2018に収載
  • 外原規2006規格の基準を満たした成分が収載される医薬部外品原料規格2006に収載
  • 50年以上の使用実績
  • 皮膚刺激性:ほとんどなし
  • 眼刺激性:刺激が起こる可能性あり
  • 皮膚感作性(アレルギー性):ほとんどなし

このような結果となっており、化粧品配合量および通常使用下において、一般的に安全性に問題のない成分であると考えられます。

引用:化粧品成分オンライン

 

害のある成分ではないということがわかりました。

 

ペンチレングリコールの副作用はあるの?

 

ペンチレングリコールについては既に紹介していますが、まれにアレルギー反応をおこす場合があるようです。

 

数多くの化粧品に使用されているということもあり、基本的には安全な成分とされています。

 

どうしても気になるようであればパッチテストすることをおすすめします。

 

加水分解卵殻膜の副作用はありますか?

卵殻膜ビューティーオープナー美容液のメインとなる成分です。

 

皮膚のアンチエイジングに必須の3型コラーゲンの生成をサポートする成分です。

 

※卵殻膜エキスは3型コラーゲンを補充する成分ではありません。3型コラーゲンは含まれていません。あくまで皮膚が3型コラーゲンを生成するのを補助する役割があります。

 

ここで気になるのが卵アレルギーの人は使えるのか?というところです。

 

卵アレルギーをおこす成分は卵白に含まれています。

 

卵殻膜エキスは、卵の殻の膜を使用しているため、卵アレルギーとは関連がありません。

 

よって、安全に使用することができます。

卵殻膜エキスの安全性

加水分解卵殻膜の現時点での安全性は、

  • 外原規2006規格の基準を満たした成分が収載される医薬部外品原料規格2006に収載
  • 10年以上の使用実績
  • 皮膚刺激性:ほとんどなし
  • 眼刺激性:ほとんどなし
  • 皮膚感作性(アレルギー性):ほとんどなし

これらの結果から、化粧品配合量および通常使用下において、一般的に安全性に問題のない成分であると考えられます。

引用:化粧品成分オンライン

 

ヒアルロン酸Naの副作用はありますか?

ヒアルロン酸と聞けば誰もが知っている保湿効果のある成分のことですね。

こちらも非常に安全性の高い成分となっています。

どのような効果がある成分かというと、皮膚細胞を柔軟にして保護膜を形成することによって保湿効果が向上すると言われています。

 

ヒアルロン酸の安全性

ヒアルロン酸Naの現時点での安全性は、

  • 外原規2006規格の基準を満たした成分が収載される医薬部外品原料規格2006に収載
  • 10年以上の使用実績
  • 生体内に存在しているヒアルロン酸のナトリウム塩
  • 皮膚刺激性:ほとんどなし
  • 眼刺激性:ほとんどなし(データなし)
  • 皮膚感作性(アレルギー性):ほとんどなし

これらの結果から、化粧品配合量および通常使用下において、一般的に安全性に問題のない成分であると考えられます。

引用:化粧品成分オンライン

 

スクワラン(オリーブ由来)

オリーブ果実から抽出したスクアレンという成分を加工したものがスクワランです。

役割としては、保湿効果や使用感を高めるために含まれています。

べたつきを抑えてサラッと感を増す効果があります。

 

スクワランの安全性

スクワランの現時点での安全性は、

  • 外原規2006規格の基準を満たした成分が収載される医薬部外品原料規格2006に収載
  • 10年以上の使用実績
  • 皮膚刺激性:ほとんどなし
  • 眼刺激性:ほとんどなし
  • 皮膚感作性:ほとんどなし
  • 光感作性:ほとんどなし

これらの結果から、化粧品配合量および通常使用下において、一般的に安全性に問題のない成分であると考えられます。

引用:化粧品成分オンライン

 

カンゾウ根エキスの副作用

カンゾウ根エキスについては「色素沈着抑制効果」が期待されます。

紫外線などによる外的要因から、肌にシミができにくい状態にしてくれます。

 

カンゾウ根エキスの安全性

カンゾウ根エキスの現時点での安全性は、

  • 医療上汎用性があり有効性および安全性の基準を満たした成分が収載される日本薬局方に収載
  • 外原規2006規格の基準を満たした成分が収載される医薬部外品原料規格2006に収載
  • 10年以上の使用実績
  • 皮膚刺激性:ほとんどなし
  • 皮膚刺激性(皮膚炎および敏感な皮膚を有する場合):ほとんどなし
  • スティンギング:まれに軽度
  • 眼刺激性:ほとんどなし-わずか
  • 皮膚感作性(アレルギー性):ほとんどなし

このような結果となっており、化粧品配合量および通常使用下において、一般的に安全性に問題のない成分であると考えられます。

引用:化粧品成分オンライン

 

バラエキスの副作用

バラの実から抽出したエキスです。

ビタミンCやタンニンを多く含んでおり、美白効果や肌のアンチエイジングなど幅広い化粧品にしようされている成分です。

 

バラエキスの安全性

イザヨイバラエキスの現時点での安全性は、

  • 外原規2006規格の基準を満たした成分が収載される医薬部外品原料規格2006に収載
  • 10年以上の使用実績
  • 皮膚刺激性:ほとんどなし(データなし)
  • 眼刺激性:詳細不明
  • 皮膚感作性(アレルギー性):ほとんどなし(データなし)

これらの結果から、化粧品配合量および通常使用下において、一般的に安全性に問題のない成分であると考えられますが、試験データがみあたらず、データ不足のため詳細は不明です。

引用:化粧品成分オンライン

試験データは存在しませんでしたが、これまでの使用実績や、現在も化粧品全般に幅広く使用されていることから安全と言えるでしょう。

 

ローズマリー油の副作用

ローズマリーの花から抽出される成分です。

主に香料として使用されています。

こちらも化粧品に幅広く使用されているため、安全性としては高いと言えるでしょう。

ローズマリー油の安全性

ローズマリー油の現時点での安全性は、香料目的による微量配合において、皮膚刺激性はほとんどなく、眼刺激性は中等の眼刺激性が報告されているものの、皮膚感作(アレルギー)の報告もないため、安全性の高い成分であると考えられます。

引用:化粧品成分オンライン

 

レモングラス油の副作用

レモンから抽出される成分ではありません。

レモングラスというイネ科オガルカヤ属の多年草から抽出される成分です。

 

レモンに似た香りがすることから「レモングラス」と呼ばれています。

 

ビューティーオープナー美容液には香料として使用されています。

 

アロマチックな香りがするので、心が非常に落ち着きます。

 

レモングラスは食用として出回っているものですが、精油としては皮膚への刺激性があるという情報もあるようです。

 

ただし、ビューティーオープナー美容液に含まれるレモングラスは香料として含まれているため、含有量はごく微量です。

 

また、参考文献も少ないため何とも言えないところがあります。

十分な情報がないため、妊娠中や授乳中に使用するのは避けた方がよいかもしれません。

 

ニオイテンジクアオイ油

ニオイテンジクアオイ花の「葉」から抽出される成分で、芳香用として幅広く使用されている成分です。

 

抗炎症効果や抗菌効果もあるようです。

 

ニオイテンジクアオイ油の安全性

ローズゼラニウム精油は、ホルモン様があるため妊娠中は禁忌といわれています。

また、敏感肌に刺激性がある場合があります。

ニオイテンジクアオイ水の場合も精油と成分が似ているため同様の注意が必要です。

参考までに化粧品毒性判定事典によると、ニオイテンジクアオイ水は毒性なし(∗1)となっており、毒性に関しては心配する必要はありません。

引用:化粧品成分オンライン

副作用のデータは無かったですが、妊娠中に使用するのは避けた方がよさそうです。

 

デキストリンの副作用

デキストリンは食品にも使用されており、でんぷんの一部を加水分解して作られるものです。

デキストリンの安全性

デキストリンの現時点での安全性は、

  • 医療上汎用性があり有効性および安全性の基準を満たした成分が収載される日本薬局方に収載
  • 外原規2006規格の基準を満たした成分が収載される医薬部外品原料規格2006に収載
  • 10年以上の使用実績
  • 皮膚刺激性:ほとんどなし
  • 眼刺激性:詳細不明
  • 皮膚感作性(アレルギー性):ほとんどなし

このような結果となっており、化粧品配合量および通常使用下において、一般的に安全性に問題のない成分であると考えられます。

引用:化粧品成分オンライン

 

オレイン酸ポリグリセリル-10の副作用について

あまり聞きなれない名ですが(私だけ?)化粧品の保湿剤として使用されており、最も多く使用されている成分の一つだそうです。

 

オレイン酸ポリグリセリル-10の安全性

オレイン酸ポリグリセリル-10の現時点での安全性は、
外原規2006規格の基準を満たした成分が収載される医薬部外品原料規格2006に収載
1980年代からの使用実績
皮膚刺激性:ほとんどなし
眼刺激性:詳細不明
皮膚感作性(アレルギー性):ほとんどなし(データなし)
このような結果となっており、化粧品配合量および通常使用下において、一般的に安全性に問題のない成分であると考えられます。

引用:化粧品成分オンライン

 

クエン酸Naの副作用について

化粧品のpHを保つために含まれている成分です。

様々な環境により、化粧品のpHが酸性やアルカリ性に偏ってしまうと、化粧品本来の品質が損なわれてしまいます。

化粧品の効果と品質を保つために使用されている成分です。

 

クエン酸Naの安全性

クエン酸Naの現時点での安全性は、

  • 医療上汎用性があり有効性および安全性の基準を満たした成分が収載される日本薬局方に収載
  • 外原規2006規格の基準を満たした成分が収載される医薬部外品原料規格2006に収載
  • 10年以上の使用実績
  • 皮膚刺激性:ほとんどなし
  • 皮膚刺激性(皮膚炎を有する場合):ほとんどなし
  • 眼刺激性:詳細不明
  • 皮膚感作性(アレルギー性):ほとんどなし(データなし)

これらの結果から、化粧品配合量および通常使用下において、一般的に安全性に問題のない成分であると考えられます。

引用:化粧品成分オンライン

 

クエン酸の副作用について

クエン酸ナトリウムと似たような感じですね。

pH調整と収れん作用があります。

収れん作用とは

収れん作用とは、肌を引き締めて毛穴を塞ぐ作用です。制汗剤にもこの作用を利用した商品があります。

 

ポイント

クエン酸の現時点での安全性は、

  • 医療上汎用性があり有効性および安全性の基準を満たした成分が収載される日本薬局方に収載
  • 外原規2006規格の基準を満たした成分が収載される医薬部外品原料規格2006に収載
  • 10年以上の使用実績
  • 皮膚刺激性:濃度およびpHにかかわらず、実質的にほとんどなし
  • スティンギング:5%濃度以上かつpH5以下において可能性あり
  • 皮膚刺激性(皮膚炎を有する場合):濃度にかかわらず、実質的にほとんどなし
  • 眼刺激性:10%濃度で最小限、30%濃度で軽度-中程度
  • 皮膚感作性(アレルギー性):ほとんどなし
  • 皮膚感作性(慢性蕁麻疹を有する場合):ほとんどなし-わずか

このような結果となっていますが、ほとんどの場合、クエン酸Naと併用してpH調整の緩衝剤として使用されるため、化粧品配合量および通常使用下において、一般的に安全性に問題のない成分であると考えられます。

引用:化粧品成分オンライン

 

ビューティーオープナーは無添加なの?

一般的に言えば、防腐剤や鉱物油といった人工的な成分ところでしょうか?

 

そういった意味であれば「無添加」ということになります。

 

肌や体に害を及ぼすような成分は使用されていないため安心してください。

 

 

ビューティーオープナー 副作用/妊娠中も使えるって本当?

 

実際のところ、データが少なすぎるので不明です。

 

使用しても大丈夫と言っている人もサイトもありますが、はっきり言って何の根拠もありません。

 

どうしても心配であれば医師へ相談することをおすすめします。

 

ビューティーオープナー 副作用/アレルギーを起こすって本当?

成分の項目で紹介したとおり、まれにアレルギー反応をおこす場合も考えられます。

これはビューティーオープナーだけではなく、化粧品全般に言えることです。

 

アレルギー反応をおこす恐れがある成分は以下の通り。

  • ペンチレングリコール
  • クエン酸

どちらもほとんどの化粧品に使用されている成分です。

 

なので、普段使用している化粧品の成分表を見て、これらの成分が使用されていれば問題なく使用できます。

 

正直言うと、アレルギー反応というのは、どんな成分に対しても起こりうることです。

 

なので、肌に直接触れるような商品で「どうしても心配」であれば、使用する前にパッチテストを実施することをおすすめします。

 

だいたいこれで解決できるので、安心して使用することができます。

 

 

 

ビューティーオープナー 副作用/まとめ

卵殻膜ビューティーオープナー美容液の副作用について、成分から根拠を得て紹介してきました。

使用しないほうがいい人は、妊娠している人(妊婦)と授乳中のママですね。

結果として何かしら影響を与えそうな成分が「レモングラス」ですね。

事実に基づくデータが存在しなかったので、妊娠中や授乳中はビューティーオープナー美容液の使用は避けた方がよさそうです。

 

ですが、ほとんどの人が安全に使用できているため、心配であればパッチテストで確認してから使用するようにしましょう。

 

詳しくはコチラ

 

【関連記事】[ビューティーオープナー 口コミ]効果は本当というのは嘘なのか調査してみた


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© ビューティーオープナー 口コミ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.